2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安定の鉄板焼き

久し振りに家族が揃って夕食につくことができた。
時間は21時をかなり回っていたけど、それでもいつもよりは断然早い時間だと思う。

いつものごとく
家族が揃う日には、鉄板料理になってしまう。
もんじゃか、お好み焼きか、たこ焼きか(笑)

いいの いいの
時間を使ってゆっくりとお話をしながら焼きあがるのを待つ
そんな時間が一番好きかも。

お蔭さまで、ダンナさんとの重いものは少しとれた。

だからと言って、今までのように接していたら
同じことの繰り返しになってしまうから、気をつけよう。

さて…
こんな時間だし、もう寝よう

スポンサーサイト

いま想う

時折やってくる家族解散事件

事の発端は、母であるあたしのめんどくさがりの雑さ加減を我慢してるダンナさんの限界を超えると起きる。

それが最近は頻度が増してる気がする。

「もう、家族は解散だな」

そう言い捨ててから、夫婦の会話があいさつのみになる。

重要な話は大人なのできちんとするけど、日常会話はしなくなってしまう。

解散劇以前も会話なんて必要最低限しかしてなかった気もするが、しないのとできないのは違うんだな。
淋しくないかな

毎朝、自転車で出社するとき 振り返って手を振るのが日課だったのに、見送ってるのを感じながらも振り返ることをしないのは…。

いろんなことを反省すべきこと、各々であるとは思う。
そこは反省し、人を問い詰めない。
自分でできることをやらないといけないって思う。
それは、人を追い詰めることではなくて、自分に目を向けることだと感じる。

あたしは、そうしよう。

あたしが怠っていたことを、きちんと修正して

子ども達には伝えよう。
親としての責任だから。

でもダンナさんは自分で気がついてほしい。

自分と向き合ってほしい

自分に強くなってほしい

それは、いろんなことを我慢するという懐ではなくて
少し上を見て生きていくという力であってほしい。

そんな風に願うようになった





あたしへの応援

もうやだ

そんな言葉を何度も聞くと正直どうしてあげることが一番いいことなのか…見失いそうになる。
あたしの決して強い母にはなれていないから。
本当の自分を隠すために、強がっていることはできる。

もう無理

あたしも心が折れてしまいそう。
呼吸が苦しくなる。

深呼吸しなくちゃ

何かを張りつめていないと、自分の表情がなくなってしまうのがわかる。

溜息じゃなく
深い呼吸

踏ん張れ自分
負けるな自分

だいじょーぶっ

絶対に
だいじょばないことなんてない!

下を向いたら負けだ
ほら
空を見上げて 深呼吸



1人になると
頬を温かいものが流れてくる

笑えなくなってるあたしがそこにいる

誰も助けてくれないよ

誰もわからないんだから自分の気持ち

薄っぺらい言葉をかけてほしわけじゃないんでしょ?

強くなれ

押し寄せてくる不安なこと
ドロップキックだ!

暇すぎて

Wi-Fiが新しくなった。

お蔭で、サクサクとつながるという環境になった。


給料日前だからなのか

お店がひまだ


暇すぎて…何しよう。


妹は小説を読んでいる。

あたしは…ブログでも更新しよう。


しょうばい はんじょ~っ


辛いときには笑えばいい

高校に入学して、翌日からサッカー部の練習に参加。
特別選抜候補生…結構しんどいんだね?

今まで体験したことのない毎日
争うことが好きじゃないちゃあが、怒鳴られてる人をそばで見る。

恐怖感があおられる。

毎日泣いていたっけ。

それでも朝起きると、学校へ行く

泣きながらでも部活を休まない

「ちゃあは頑張れる。問題なおかぁだよ!」
たっくにそう言われたけど、本当だよね。
笑顔いっぱいで送り出すけど、ね。

しんどいよ

「おかぁ、今日ドライブに行きませんか」
LINEがくる。
どんなことでも叶えてあげたいって思う。
あたしにできること、ぜーんぶしてあげたい。

明日は、埼玉までインハイの応援だ。

行こうぜ!全国

土俵際

「んじゃ、踏ん張れ」

そんな言葉を投げてみた。
週末、会社泊のこぉちゃんはどんな思いで聞いただろう?
頑張れって言葉は違う気がして踏ん張れって言ってみた。

「うん。踏ん張る!」

おかぁさんも踏ん張るよ。
だから…
踏ん張れ

言葉なんていらないね

ちゃあくんが、義務教育を卒業した。
心が温かくなるような式典だった。

特別なことは何もしていない平凡なものだったのに、なにが心を温かくしたんだろう。
考えてみてもわからないけど、きっとこの子たちの素朴さなんだろうな。

そして、今日は高校の新入学生学校説明会
生活指導部のお話は、今の時代には厳しいなって思うようなことが多かったけど、よく考えてみると何も特別なことを言ってるわけではない。
本当に当たり前のことを、当たり前に指導してるだけ。
あたしたちが子供の頃には、言われなくてもやってることだった。

それを厳しいって思っちゃうってことは、やっぱり甘ちゃんなんだ。

これからの3年間で、たくさん訓練して

何年か先の将来できっとありがたかったって思う日が来る。
うん、きっとくる。

「身体、大切にしてがんばるんだよ」

「今はつらいって思うことでも、この先には絶対に役に立つ。その訓練を3年間かけてやるんだから、歯を食いしばってでも…ね」

「それから…」

「わかってるよ。大丈夫!」

まるで、4月からは離れて暮らすかのように話してるあたしに笑いながらいった。
昨日までは、あんなにへこたれていたのにね(笑)

だいじょーぶっ。

そう、だいじょーぶっ。

nene
author : nene
心配したり悩んだりしてばかりいると思っていたけど、本当は元気をたくさんもらってるんだよね?
だから…大好きだよ、たくさん!
こっこ21歳・たっく20歳・ちゃちゃ15歳の元気な3人組と温かいyunちゃん@ダンナさんに囲まれて…
neneは今日も元気です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。